記事

プロバイオティクスとは

プロバイオティクス とは

人間は体内の微生物のバランスを崩すと病気になるという概念から、腸内フローラのバランスを改善することで、体内環境を整え病気の発生を未然に抑えるという考え方があります。

宿主の健康に好影響を与え、宿主に有益に働く生きた細菌(=有用菌)によって構成される生菌のことを『プロバイオティクス』と言います。

プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、共生を意味するプロバイオシス(probiosis;pro 共に、~のために、biosis 生きる)を語源としています。英国の微生物学者Fullerによる1989年の定義「腸内フローラのバランスを改善することにより人に有益な作用をもたらす生きた微生物」が広く受け入れられています。
また、現在では「十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物」(FAO/WHO)という定義の公表もされています。 なお、その微生物を含む食品(ヨーグルトや乳酸菌飲料)自身をプロバイオティクスと呼ぶこともあります。

 プロバイオティクスの持つ”有益な作用”としては、下痢や便秘を抑える、腸内の良い菌を増やし悪い菌を減らす、腸内環境を改善する、腸内の感染を予防する、免疫力を回復させる、などが挙げられます。つまり、プロバイオティクスを摂ると、おなかの健康を守るとともにからだ本来の力を強める手助けになると考えられています。

Mother Bio®

あなたの力を生かす

母なる地球から生まれた
あなたを守るサプリメント

根づく→育む→原動力

プロバイオティクス
プレバイオティクス
バイオジェニックス

3種混合超多様性生菌サプリメント