代表メッセージ

この頃良く聞くのは、早くコロナ前の日常に戻りたいと・・・

人が世界中どこにでも、自由に移動する、然も、短期間で、人類史上一気に人々の移動、物の移動が行われ、季節感も無く、全てにヒトの時間軸が崩れてしまっていました
加工食品や様々な物が世界を一瞬で駆け巡り、風土に関係無く世界中の料理や食材が何処でも食べれる。私達の腸内細菌達は、相当な戦いを強いられて来たのです。
そんな中に、ウィルスがあっと言うまに世界を支配してしまいました。

私達は以前に戻りたいでなく、やり直したい、利便性や消費生活を見直したいでないといけないと思います。私達は此れ迄、環境問題、食料問題等を見たくない事実として、遠ざけ、安易に、資本や情報に任せ、不安を先送りさせて来ました。

森林を伐採し農地にし、そこに大量の肥料をまき、地球の表面をコンクリートで埋めて都市に変え、文明をまわしていくことでお金が儲かる経済を優先し、地球環境問題は常に先送り。同様に腸内環境にも大量の抗生剤、農薬、添加物、保存料などで、利便性を優先し、健康の元、食の安全性問題をも先送りして来た。街には腐らない食品が溢れ
環境と身体は、深刻な問題となり同時に進んで来た訳です。

そんな私達にウィルスは忠告する為に存在しています。
ウィルス発生前の世界がそんなに素敵な世界だったでしょうか。。
疫病や自然の猛威は、人間が生態環境を改変している事が直接の結果で、
そして私達は自ら食べる物で身体を壊してます。
人間は食べたものにしかなりません。心も身体も魂もです。そして1度壊れた体内微生物環境はそう簡単には戻らないです。私達は腸内細菌群の為に御飯を食べ、そのおこぼれで我々は生かされている事を理解しないとなりません。

もし私達が現状を変えたいと願うなら、利便性や、消費に依存しないで、自分の意識を変える事で色々な変化が起こる事を信頼して下さい。その意識を創るのが腸内細菌達なんです。腸内は第二の脳でなく第一である事を理解下さい。

まるで示し合わせたようにmother bio は2019年12月テスト版が出来、本年4月に第一弾が完成、改良版が12月となりました。
Mother bioは、私が創ったのでなく、菌達に私が選ばれたに過ぎません
彼等の意思によって私も皆様も生きています。
このエコボトルには生きた菌が2000億とその意思も入っています。
便は便りと書きます。そう身体からの便りなんです。便の殆どは食べ物の残渣でなく腸内細菌の死骸で、マザーバイオを飲み始めると便の匂いが軽減され性格も変わった感覚を得ます。多様種生菌軍の働きをみて、私達が如何に多様性で存在してる事が認識出来る筈です、これだけの生菌群で構成されてる製品は見かけません。

私達は出逢いの時、他の人と握手をし、抱擁し、互いの菌の交換をします。大事なパートナーを選ぶ時キスを通して唾液から細菌達の交換をし、細菌達が相性を決めます。
又私達が今、食べたい物それはなんであれ、細菌達の希望でもあるのです。昔から腸は語り尽くされ、腹が見透く、煮えかえる、腐る、断腸の想い。その言葉は性格さえ表します。自然界ですら、脳の無い動物は居ても腸の無い動物は居ないのです。

私達が正しい選択をしたなら腸内細菌達は食べた物や薬草等の効果を約束してくれます
自然が持つ回復力とは、母なる地球が、生態系や自然全体が持つ環境を一定に保とうとする力(恒常性)や元の状態に戻ろうとする力(回復力)で在り、それは科学では再現できません。私達は災害やウィルス等の脅威にさらされても、あらゆる警告を無視し、て来ましたが、もうツケ払いは出来ないのです。Mother bio は意識を変えようとする皆様と共に歩む為に自己免疫を呼び戻す為に産まれて来たのです。