防衛システム基礎免疫力

免疫とは

体内で発生した癌細胞や

外から侵入した細菌やウイルス等を

常に監視し撃退する

自己防衛システムです。

 

免疫の仕組みは

いくつもの免疫細胞が協調し合い

日々癌細胞や身体に害をもたらす

ウイルス等に対し

免疫細胞が連動し働く機能なのです。

 

免疫が落ちていると

私たちはすぐさまに

何らかの病気にかかり

ウイルス等で重篤な状態となります。

 

私たちの免疫システムは

15歳くらいまでに出来上がり

20歳を超えると免疫力は落ちていきます。

 

そして、私たちの免疫細胞の約7割が

腸にいると言われています。

腸の免疫細胞を活性化できる食べ物と

多様な腸内細菌がいるかいないかで

免疫力が大きく変わります。

 

私たちは長年、漢方薬草など

植物成分の効果的な成分抽出研究を経て

薬草の分解促進菌の研究を進めて来ました。

 

その中で、成分の効果が

得られる人と得られない人が

分れる事に着目し、研究を重ねる中で

健全で多様な腸内細菌が存在しないと

有効薬草成分が分解、変換されず

薬草の機能が十分発揮しない事がわかり

3種混合多様種生菌サプリメントの

開発に至りました。

 

DNA解析技術の発達により

広く普及してる

乳酸菌やビフィズス菌だけでなく

多様な菌種の酪酸菌や枯草菌等の研究が進み

素晴らしい効果も確認され

乳酸菌単体の時代では無くなりました。

 

多様な細菌群が存在しないと

心身の健康を維持する事が出来ず

その重要な役割が科学的に明らかになっています。

 

免疫力が下がることで以下のようなことが起こると言われています。

ウイルス、感染症などにかかりやすくなる

肌が荒れる

アレルギー症状が生じやすくなる

下痢、便秘をしやすくなる

精神不安定

疲れやすくなる

太りやすくなる

癌や認知症が発症しやすい

生活慣習病が発症しやすい

あなたはいくつ該当しましたか。
セルフチェックにご活用ください。