大腸に常在する有用菌を増殖させ、有害な細菌の増殖を抑制することで宿主に有益な効果をもたらす難消化性食品成分で、いわゆるオリゴ糖類・抵抗性デンプン、食物繊維類など。腸内の善玉菌のエサになる食物繊維(フラクトオリゴ糖・イヌリン・ペクチン・難消化性でんぷん等)のことをプレバイオティクスと言います。

プレバイオティクスは英国の微生物学者Gibsonによって1995年に提唱された用語で、プロバイオティクスが微生物を指すのに対してプレバイオティクス(prebiotics;pre 前に、先立って)は、
①消化管上部で分解・吸収されない、
②大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する、
③大腸の腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する、
④人の健康の増進維持に役立つ、
の条件を満たす食品成分を指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です